かなっぺ相模版
  • メニュー

かなっぺ相模版

  • 検索

血液循環療法

血液循環療法とは、血液と循環の健全化を図る手技療法です。
私たちの体には自然治癒力があり、病原菌を撃退したり、化学物質を排出したり、怪我や炎症を自然に治す力があります。 細胞に酸素と栄養を供給し、蓄積された老廃物を運び出す働きをしているのが血液です。
血液の循環が良くなれば、体の隅々の細胞まで十分に酸素と栄養が供給され代謝が良くなります。
つまり血流を促進し、血管を柔軟に保つことが重要です。

[しこり]
体 の痛みや悪い所はしこり(組織や血管の硬化、硬結)となっていますが、血液の循環を良くする事により、その部分に溜まっている老廃物や毒素が除去され、 新鮮な血液が供給され細胞の代謝が活性化されて自然にしこりが柔らかくなります。また全身治療をする事で、全身の血液の流れを良くし、血液の滞りを解消し て、浄化し、体内のバランスを回復させ、自然治癒力を、最大限に高めます。

[施術]
まず、 お客様の健康状態や生活習慣などを丁寧にカウンセリングいたします。実際に症状の出ている部分を触診でしこりをみつけ、押圧法を行います。押圧法 は、患部のしこり及び動脈系を手指でジワーッと押圧して”パッ”とはなす、血液循環療法独自のもので血流を良くし、しこりを解きほぐします。とても心地の よい施術ですので、ほとんどの方が途中で眠られます。