かなっぺ横浜・川崎版
かなっぺ湘南版
本日のネットチラシはこちら
株式会社フレッシュハウス
まつえい畳店
パチンコチラシ

2017.11.27(月)

小ネタ情報部

「八菅山いこいの森」でクタクタになるまで自然と遊ぼう!!  



愛甲郡愛川町と言えば、緑が多くてのどかな町
そんな豊かな自然を保全する目的で整備された公園が「八菅山いこいの森」です。

敷地も広く、約30種類にも及ぶアスレチックもあるので、子どもの遊び場として最適。
「子どもを外でいっぱい遊ばせてあげたい!」とお考えの人は、家族で遊びに行くのをおすすめします。

「八菅山いこいの森」は、山あり池ありお弁当を広げる芝生広場ありと、まさにハイキングをするために
存在するような公園でもあります。
アスレチックポイントをクリアしながら山頂を目指して散策してみましょう。

コースはなかなかにハードですが、ゴールとなる山頂にある展望台からの眺めは、苦労に見合うだけの
絶景なので、挑戦しがいがありますよ。

山の麓には「八菅神社」という神社があります。
703年創建で、大仏建立や日本初の大僧正としても知られる行基が入山したとされる、由緒正しい神社です。



由緒ある八菅神社の鳥居。「はすげ」と読みますよ。ここから いこいの森の展望台を目指します


是非参拝したいところですが、境内につながる階段は傾斜がきついので注意してください。
無理な人には隣にスロープもありますよ。



神社の階段、思った以上に傾斜があります。体力に自信のある方はチャレンジしてみて下さい。
手すりに捉まった方が安全です


階段をやっと登りきって途中にアスレチック遊具を発見


お目当ての山頂の展望台にやっと到着!


相模原や新宿、横浜方面の眺めが爽快です。疲れも忘れます


今度はふもとに戻るため下って行くと、芝生広場に。木の葉も少し色づき始めていました



<ひとくちMEMO>
八菅山の古名は「蛇形山」
名付けたのは日本神話の大英雄「ヤマトタケル」で、山の形が龍に似ていたからだそうです。
山の由来が神話につながるのは素直にすごいですね。



龍は居ませんでしたが、可愛いサワガニが居ましたよ
  • image1