かなっぺ横浜・川崎版
かなっぺ湘南版
本日のネットチラシはこちら
株式会社フレッシュハウス
まつえい畳店
パチンコチラシ
 

2017.12.27(水)

小ネタ情報部

相鉄線「かしわ台駅」に保存されたたくさんの車両と、そしてもうひとつ。  




横浜駅を起点に走る相模鉄道、その終点、海老名駅のひとつ前の駅「かしわ台駅」とあることで日本一
して知られます。

車両基地のある駅としても知られるこのかしわ台駅、かつて相鉄線で活躍した車両がそのまま残っている
いうことでそれだけで鉄道好きにはたまらないわけで。

観察に行こうとかしわ台駅到着!
改札に向かい駅を出ると、駅を出ると、駅を出ると…って、出ない!

ホームから出口までが遠い!!



西口に比べ何かもの悲しさのある東口を進む


進んでも、進んでも通路。風景も寂しくなっていきます。



改札にたどり着くまで、かなり歩きましたが、それもそのはず、東口はホームから改札までの距離が
日本一
なのだそうです。

なんとその距離、約400m(表記有)

その長さは、途中に休憩所と思しき庭園が存在する程で、駅構内を歩いているはずが、電車に乗って
いたのは遠い過去の様な錯覚を起こす不思議な空間です。



やっとゴールが見えた!なぜだか感動の瞬間です。


小旅行の果てにたどり着いた改札。
そして車両センターは、これまた想像以上の品ぞろえ。

たくさん歩いた甲斐のある、なんとも感慨深い体験でした。



駅舎内はウッド調でこざっぱり!素敵です。


ホームから改札までに庭園が存在する不思議な風景。ベンチもあります。


見過ごしてしまいますが、400mって…ちなみに西口は100mです。


公道から見える静態保存された旧車両。展示されているかのよう。


車両センターへは、西口から向かった方が圧倒的に近いことをお伝えしておきます。



<ひとくちMEMO>
なぜこれほどにホームから離れた駅舎が存在しているのか。
かつてこの場所には「大塚本町」という駅があったそうです。
その移転に際し、新たな駅の一部としてこの駅舎を取り入れたのが「かしわ台駅」だったそう。
基地に静態保存された車両と、駅舎すら保存された「かしわ台駅」一度訪れてみてください。



つい先日、100周年を迎えた相鉄グループ。ラッピング車両が用意され、構内では歴史が語られています。
かしわ台駅東口の物語もこの通り。
  • image1