かなっぺ横浜・川崎版
かなっぺ湘南版
本日のネットチラシはこちら
トリプルコート
パチンコチラシ
 

2017.06.30(金)

小ネタ情報部

まずは手からご入浴?鶴巻温泉で“ヤドカリ”のススメ  




みなさんがお住まいの地元には待ち合わせの定番スポットはありますか?
待ち合わせといえば駅前の像!という方も多く、「渋谷駅前のハチ公」などは全国的にも有名ですね。

今回は、知名度的にはちょっぴりローカルだけど、一風変わった像や設備を置く駅が秦野市にあるそうなのでご紹介します!
 
小田急線・鶴巻温泉駅。
地元民が待ち合わせをする駅前の像は「やどかり」がモチーフとなっています。
一般的に駅前像にはその土地を象徴するものが多く使われますが、鶴巻温泉がやどかりを起用した理由は他とは少し違うようです。



やどかり像は北口改札を出てすぐのところにあります。座って待つのにもちょうど良い高さのようです。


やどかりといえば海の生き物。
そもそも秦野は海に面していません。
鶴巻温泉はやどかりの名産地(?)でもなく、ここは名前の通り温泉地。だから「宿借り」を大事したいのです!

もうお分かりですね。
温泉地のやどかりには「鶴巻温泉へ泊まりに来てね」というメッセージが込められていたのでした。



写真撮影をしている筆者を見た年配の方が「これはね、田んぼにたくさんいるタニシだよ」と話しかけてくださり、
地元の方のお話を聞くことが出来ました!この像をタニシと呼ぶ方も居るそう。
ちなみに彫刻のタイトルは「宿借り(おかえりなさい)」です。



当駅は箱根へ向かうロマンスカーが通過してしまうのがローカルな理由のひとつなのかもですが、
駅前広場には天然温泉が湧き出る「手湯」があり、温泉地ならではの名物?を目指しているようです。



「つるまき千の湯」を利用した手湯・千の泉。
温度はちょっと温めですが、冬場なら冷たくなった手を温めながら人を待つもいいかも?


 駅近くの「弘法の里湯」という日帰り温泉施設の敷地内には、千の湯を持ち帰れる温泉スタンドと
無料で利用できる足湯もありました。



実はアクセス抜群で有名な宿もある温泉街!
訪れた際はぜひ駅前の手湯から体験してみてくださいね。


<ひとくちMEMO>
駅前像は他にも、同じく小田急線の本厚木駅構内には厚木市のご当地キャラクター「あゆコロちゃん」があります。
街の特色が出る待ち合わせスポット、これからも調査していきます!



こちらは思わず撫でたくなる高さの駅前像です。
  • image1