かなっぺ横浜・川崎版
かなっぺ湘南版
本日のネットチラシはこちら
株式会社フレッシュハウス
まつえい畳店
パチンコチラシ
 

2017.05.26(金)

小ネタ情報部

多文化が共生するまち大和市を体感!やまと国際交流フェスティバル  




大和市は外国籍の住民が多いことで知られ、世界約70の国々から来た外国人がおよそ5600人在住しています。
1980年代にインドシナ地域(ベトナム・カンボジア・ラオス)の難民受け入れ施設を開設したことから、
外国人に寛容な風土が醸成されたといわれ、今では公益財団法人「大和市国際化協会」がその中心として活動しています。

今年で第12回となる「やまと国際交流フェスティバル」は、そうした多文化共生の雰囲気を、住民だけでなく
市外の人たちも感じることのできる大和市の一大イベント!
毎年5月の下旬に行われ、今年は28日(日)が開催日です。



フェスティバル会場となる大和駅東側プロムナードです


大和駅東側の会場では、さまざまな国と地域のエスニック料理が食べられるほか、世界のお茶とお菓子の試食もできますよ。



この辺りに中華、タイ、エジプト、南米などの料理屋台が並びます


また世界の遊びを集めたコーナーや、外国人ゲストとおしゃべりできるブースなど、子供の好奇心を世界に向けられるような催し物が揃えられています。
ステージでは、入れかわり立ちかわりでいろんな国のショーが披露されるので、飽きることなく1日楽しめるでしょう。



大和市にある大きな いちょう団地。こちらに住まれている外国の方が多いそうです。



敷地内で見かけた住民向けの看板。日本語を含めて何と6ヶ国語で書かれていましたよ



<ひとくちMEMO>
フェスティバル会場では国際交流団体などによるフリーマーケットも催されているので、
ひょっとしたらエキゾチックな掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。



大和市には美味しいと評判のエスニックな料理店が確かに多いです。今度行ってみます。
  • image1